NotificationXで通知バーを使用する方法

NotificationXで通知バーを使用する方法 #

通知バーを使用すると、重要な通知や特別オファーをWebサイトに表示して、訪問者の注意をすぐにつかむことができます。と NotificationX、WordPressのWebサイトに魅力的な通知バーを簡単にデザインして、みんなを魅了し続けることができます。

ステップ1: WordPressダッシュボードに移動して、 wp-admin -> NotificationX -> All NotificationX。次に、右上にある '新しく追加する'. Or you can also simply go to the ‘Add New’ tab from the sidebar.

ステップ2: 手順1を完了すると、にリダイレクトされます 'ソース' NotificationXのタブページ。タイトルをつけることもできます。ドロップダウンメニューを使用して選択します ‘Press Bar’ ソースタイプとして。次に、「次へ」ボタンをクリックします。

ステップ3: から '設計' タブでは、レイアウトを選択でき、「Advanced Design ' option to customize it as per your preference. NotificationX offers three awesome Premade layouts which you can pick from and get started. The chosen layout is how the ‘Notification Bar’ will be displayed on your website.

から 「高度なデザイン」 セクションでは、背景とテキストの色をいじることができます。好みに応じて、フォントサイズを増減することもできます。通知バーのデザインが完了したら、[次へ]をクリックして続行します。

ステップ4: 次にリダイレクトされます 'コンテンツ' 独自のコンテンツ、ボタンテキスト、ボタンURLを挿入できるタブ。コンテンツは、「重要なお知らせ」またはウェブサイト内を巡回する「特別オファー」の場合があります。 「ボタン」を使用して、訪問者をWebサイトの特定のページにリダイレクトすることもできます。

さらに、チェックボックスを使用して有効/無効にすることができます '秒読み' オプション。有効になっている場合は、好みの「カウントダウンテキスト」と「カウントダウン時間」を追加できます。 「カウントダウン」機能は、有効期限が切れる前に現在提供されているオファーを取得する緊急性を訪問者に感じさせます。また、使用するチェックボックスがあります 「パーマネントクローズ」 button. So, if users hit the close button, it will no longer be displayed on the website. You can also choose to enable ‘Evergreen Countdown Timer’ if you want. To learn more about it, check this documentation.

設定が完了したら、「次へ」ボタンをクリックして続行します。

ステップ5: から '表示' タブで、通知バーを表示するページを設定できます。通知を特定のユーザーロールのみに制限するオプションもあります。デフォルトでは、「表示」は 「どこでも見せる」 その結果、通知バーはWebサイトのすべてのページに表示されます。

一方、「通知バー」を表示または非表示にするページを指定することもできます。 「次へ」ボタンをクリックすると、にリダイレクトされます 'カスタマイズ' タブ。

ステップ6: 'カスタマイズ' タブには、外観、タイミング、動作の3つのセクションがあります。から '外観' セクションでは、通知バーを表示する位置を設定し、チェックボックスを使用して「スティッキーバー」、「閉じるボタン」、「モバイルで非表示」オプションを無効または有効にすることができます。

通知バーの位置は、Webサイトの上部または下部のいずれかに設定できます。スティッキーバーが選択されている場合、「通知バー」は固定位置になります。その結果、ページのどこに移動しようとしても、常に表示されます。

を表示することもできます 「閉じるボタン」 クリックして通知バーを閉じることができます。さらに、必要に応じて、モバイルデバイスの「通知バー」を非表示にする柔軟性もあります。さらに、「タイミング」セクションの設定に応じて、「初期遅延」、「自動非表示」、「非表示」オプションを自由に設定することもできます。

「通知バー」がポップアップするまでの「初期遅延」時間を設定できます。デフォルトでは、5秒に設定されています。また、[自動非表示]チェックボックスをオンにして、[非表示]フィールドで時間を設定することにより、一定の時間が経過した後に[通知バー]を非表示にすることもできます。

チェックボックスを使用して、設定したリンクを開いて新しいウィンドウで開くか、新しいタブで開くかを指定できます。以前にボタンにURLを設定したことがある場合、訪問者がそのURLをクリックすると、設定に応じて新しいページが新しいウィンドウまたは新しいタブに表示されます。

ステップ7: 手順6を完了したら、 「公開」 button. As a result, the ‘Notification Bar’ will be successfully created.

By following these mentioned steps and a bit more modifying & styling, your final outcome would look like something like this.

通知バー

これは、魅力的なデザインと表示を簡単に行う方法です 通知バー WordPressのWebサイトでNotificationXを使用して。

問題が発生した場合は、サポートチームにお問い合わせください ここに.

搭載 BetterDocs