NotificationXを使用して家庭教師LMSコース登録アラートを表示する方法

使用する LMS講師 統合により、NotificationXを使用すると、WordPressWebサイトでコース登録アラートを作成できます。この印象的なFOMOマーケティングアプローチは、サイト訪問者の注意を引くことにより、コースの登録率を確実に大幅に向上させます。

NotificationXでTutorLMSを構成する方法 #

始める前に、 インストールおよび構成されたTutorLMS on your website. Let’s check out the below guideline to learn how to display チューターLMSコース登録アラート NotificationXを使用:

ステップ1-コース通知キャンペーンを作成する #

WordPressダッシュボードに移動して、 wp-admin-> NotificationX->すべてNotificationX。次に、右上にある '新しく追加する'. tutor lms

ステップ2–ソースとして「TutorLMS」を選択します #

手順1を完了すると、にリダイレクトされます 'ソース' NotificationXのタブページ。タイトルを入力し、ドロップダウンメニューを使用して、通知タイプとして「販売通知」を選択します。その後、単に選ぶだけ 「家庭教師LMS」 as your Source. Then, click on the ‘Next'ボタン。tutor lms

ステップ3 –デザインテーマを選択する #

から '設計' タブでは、レイアウトを選択できます。また、「高度な設計」オプションを使用して、好みに応じてレイアウトを柔軟にカスタマイズできます。から 「テーマ」 セクションで選択したレイアウトは、「TutorLMS販売通知」がWebサイトに表示される方法です。

さらに、選択したテーマを「」でカスタマイズして変更できます。Advanced Design ' option. From this section, you will be able to easily add styling to your design, image appearance, and typography. You can add Background or Text color for the notification popup. Besides, you can also add a Border and add styling to it. Basically, an Email Subscription consists of Three rows. From the ‘Typography’ section, you can change the Font Size for each row as well.tutor lms

手順4 –テンプレートコンテンツの構成 #

次にリダイレクトされます 'コンテンツ' tab from where you can modify your ‘Notification Template’ and add your preferred content text. You can easily go ahead and choose your preferred variables. These variables help to display the name of the users who have enrolled in your Tutor LMS Course ある日。選択した「コース」に基づいて通知を選択することもできます。

一方、 「高度なテンプレート」 「TutorLMSコースセールスアラート」のコンテンツ全体をカスタマイズするための完全な制御も可能です。

さらに、NotificationXを介してさまざまなタイプのキャンペーンを追跡することもできます。 「UTMコントロール」 allows you to add ‘Campaign’, ‘Medium’, and ‘Source’ to your Tutor LMS Course Enrollment Alert.tutor lms

ステップ5 –表示オプションをカスタマイズする #

の中に '表示' tab, there are two available sections: Image & Visibility. From the ‘画像‘ section, you can use the checkbox to display the default image (there are some predefined images also which you can use as the default image) or an avatar in the notification popup. From the 「可視性」 section, you can set the pages where you want to display the Tutor LMS Course Enrollment Notification. You also have the option to restrict the notification popup based on certain user roles. After you click on the '次' ボタンをクリックすると、 'カスタマイズ' タブ。tutor lms

ステップ6 –外観を設定する #

'カスタマイズ' タブには、外観、タイミング、動作、サウンド設定の4つのセクションがあります。から '外観' セクションでは、TutorLMSコース登録アラートの位置をWebサイトの左下または右下のいずれかに設定できます。さらに、通知ポップアップの最大幅を設定することもできます。

から ‘Queue Management’ section you can activate the global queue system for this notification. That time you won’t need to edit timing section for the notification. In The Time section, you have the freedom to set time for ‘Initial’, ‘Display For’ ‘Delay Between’ options as per your preference from the 'タイミング' section. From the '動作' section, you can choose to display the number of course sales made for certain past days. By checking the ‘Loop Notification’ box, the notification popup will keep on displaying. If you want, you can even enable '音' チューターLMSコース登録アラートのアラートも同様です。tutor lms

ステップ7 –通知を公開する #

手順6を完了したら、[公開]ボタンをクリックします。その結果、 「チューターLMSコース登録アラート」 正常に作成されます。これらの前述の手順ともう少し変更とスタイルを行うことにより、最終的な結果は次のようになります。tutor lms

これは、魅力的なデザインと表示を簡単に行う方法です 「チューターLMSコース登録アラート」 WordPress Webサイトで、NotificationXを使用してコース変換を急上昇させます。

問題が発生した場合は、サポートチームにお問い合わせください ここに.

 

搭載 BetterDocs